交換学生のオリエンテーション開催

2017年12月18日

交換学生のオリエンテーション 写真

交換学生のオリエンテーション 写真

12月17日に交換学生のオリエンテーションを行いました。

今回は今年の1月に来日した学生の修了証書授与式と夏期受入学生の日本語スピーチと派遣候補生の英語スピーチを実施しました。

来日学生の最終日本語スピーチが本当に上手くて感心致しました。
これからも日本語をさらに勉強して、日本と世界の懸け橋となって世界平和に貢献して下さい。

青少年交換部門委員長 永尾 壽啓(四日市東)


地区大会での九州北部豪雨災害義援金の呼びかけ

2017年11月27日

 10月14・15日に開かれた今年度第2630地区の地区大会において、九州北部豪雨災害に対する義援金を呼びかけました。この日は約1500人のロータリアンの参加があり142,400円のご寄付をいただきました。

これは「ロータリーの友」10月号20頁の第2700地区安増惇夫ガバナーの記事をみて啓発され、直後の地区大会で募金をおこなう ことに決めた次第です。本当にほぼ当日の急な当委員会の申し出に対して、場所の設営などにご協力いただいた地区大会実行委員会の皆様、そして快く義援金を寄付していただいたロータリアンの皆様方に心から感謝いたします。

この義援金は田山雅俊ガバナーの了解のもと、第2630地区2017-2018年度地区大会義援金として、ガバナー事務所から第2700地区安増ガバナー事務所にお送りさせていただきます。ありがとうございました。

第2630地区社会奉仕小委員会委員長 河野 等(伊勢RC)

 

ガバナー事務所より

上記寄付金142,400円を10月27日「九州北部災害義捐金」として国際ロータリー第2700地区(福岡)ガバナー事務所に2630地区として送金いたしました。


ポリオ撲滅募金への御礼

2017年11月24日

地区大会開催中の“ポリオ撲滅運動”に際しましては、会員の皆様、関係者の皆様には、募金へのご協力、誠にありがとうございました。
委員会より、募金金額合計316,525円を寄付させて頂きます。

ポリオ・プラス小委員会委員長 故金 正司

 

 

ガバナー事務所より

上記寄付金316,525円を11月9日「ポリオプラス寄付」として公益財団法人ロータリー日本財団に2630地区として送金いたしました。

 

 

ポリオ撲滅募金

ポリオ撲滅募金

ポリオ撲滅募金

ポリオ撲滅募金


岐阜サンリバーロータリークラブ 創立25周年記念式典

2017年11月13日

開催日 平成29年9月22日 16:30 ~式典 18:00 ~祝宴
会 場 ホテル名古屋ガーデンパレス3階明倫

 クラブ創立25周年記念式典の開催にあたり、ご多用の中、ガバナー田山雅敏様、パストガバナー石垣智康様にお越し頂き、岐阜西濃グループよりガバナー補佐 藤井徳充様をはじめ会長・幹事様、スポンサークラブの羽島ロータリークラブの皆様、姉妹盟約クラブからも多くお越し頂き、総勢120名の皆さんと共に、盛大に開催できましたことを心より感謝致しております。

 25周年事業の一環でもあります、第40回インターアクト年次大会をホスト校である海津明誠高校インターアクトクラブのきめ細やかな配慮と、「おもてなし」により、一大事業を大成功のなかに終えることができました。

  国際奉仕でのベトナム、ホーチミンにあります、ドンズー日本語学校への文房具支援事業を今年も増額させて頂き、今期中に現地への訪問も実現したいと考えております。

  また、姉妹盟約20年を迎えます、鹿児島東ロータリークラブとの更なる友好を深め、台北城中ロータリークラブとの姉妹盟約更新もさせて頂きました。

  多くの仲間に支えられ、多くのロータリアンのパワーを頂きながら、岐阜サンリバーロータリークラブを更に成長させていけますよう、今後とも皆様のお力添えを賜りたいと存じます。

創立25周年記念式典

創立25周年記念式典

創立25周年記念式典

創立25周年記念式典


2018-19年度 夏期派遣学生選考会

2017年10月2日

10月1日にホテルグランベール岐山にて2018-19年度夏期派遣学生選考会を実施いたしました。

当日は、午前10時より各クラブより推薦された5名の学生が派遣候補生の認定を受けるべく、小論文、英語筆記、一般常識、面接(保護者も含め)を行いました。

学生、保護者の真剣なまなざしを感じ、我われ委員会も身の引き締まる思いでした。

(青少年交換部門委員長 永尾壽啓)


第2回 地区会員増強部門委員会 開催

2017年9月22日

地区会員増強部門委員会 委員長 山本和央

 2017年9月15日(金)11:30~14:00に亘り、三重県津市内のホテル「グリンパーク津」に於 いて、田山年度の地区増強部門委員会を田山雅敏ガバナー・村橋 元 カウンセラー(パストガバナー)・各委員の皆さん総勢8名が参加し、「第2回会員増強部門委員会」が開催されました。

 始めに、田山雅敏ガバナーより、会員増強・組織強化の重要性に鑑み、真の会員増強とは何か、村橋カウンセラーより、楽しいロータリーを造るためにはどうしたら良いか、堀塲アドバイザーより会員増強の一助となるよう本日の委員会を役立ててほしいとの挨拶がありました。

 その後、8月度の「会員増強・新クラブ結成推進月間」での卓話要請の活動報告並びに気の緩むことなく継続して行くのが良いのではないかとの声をいただきました。

 

 当年度地区会員増強セミナー(三重県開催:2018年1月13日(土)・岐阜県開催:同年1月20日(土)開催)は、当委員会最大の行事であります。AG中心のグループ討論会と発表等の検討を踏まえながら「変化するロータリー」を目指し、地区目標実現の為に邁進して行こうということで委員会全員は意気投合した次第です。ありがとうございました。


第2630地区IA学生韓国3600地区派遣レポート

2017年8月30日

  • 派遣日時
     2017年7月26日~30日
  • 訪問地
     京畿道南楊州市・平昌ユース ホステル・エバーランド・ソウル市
  • 内  容
     韓国3600地区IA年次大会参加とホームステイ体験の為、地区IA委員会3名、助田顧問教師(鈴鹿高校)、学生24名で訪問しました。IA年次大会にはユンガバナーも参加され盛大に催され、派遣中の韓国各地の様々な体験を胸に帰国しました。
     韓国3600地区からは8月8日~12日に引率4名、学生25名を受け入れました。年次大会開催の岐阜サンリバーRC・海津明誠高校の皆さん有難うございました。

(地区IA部門委員長 榊原成人)

第2630地区IA学生韓国 3600地区派遣レポート

第2630地区IA学生韓国 3600地区派遣レポート

第2630地区IA学生韓国 3600地区派遣レポート

第2630地区IA学生韓国 3600地区派遣レポート

第2630地区IA学生韓国 3600地区派遣レポート


第24回ガバナー杯野球大会

2017年7月26日

第24回ガバナー杯野球大会 写真
第24回ガバナー杯野球大会 写真
第24回ガバナー杯野球大会 写真

 5 月21日松阪市内2 球場で、鈴鹿シティ、上野、上野東、伊勢、伊勢中央、熊野、松阪山桜の7RC により第24 回ガバナー杯野球大会を行いました。瑞浪RC 様も参加予定でしたが、事情により欠席となりました。剱田ガバナー代理の宇野AG の始球式に始まり、各2 試合を行い、勝率等により順位を決定し熊野RC 様の優勝となりました。我がクラブは松阪、松阪東RC より補強選手をお借りしましたが惜しくも優勝は逃しました。
 親睦を建て前に真剣に試合に向き合う昔の野球小僧たちの姿は周囲に『こんな野球は見た事がない』と感動すら与えました。試合後会場をココパリゾートに移し、入浴、懇親会と大いに親睦を深めました。毎年そろそろ卒業かと思いますが、懇親会の雰囲気、熱気は来年への参加への決意につながります。

今年は松阪山桜がホストをさせて頂きましたので少しクラブの紹介をさせて頂きます。20 年前に野球同好会を発足させました。1,ボールは見えるか。2,一塁まで走れるか。3,野球のルールは知っているか。4,明日の仕事は大丈夫か。この4 つの高レベル?のテストをクリアした精鋭を集める事が出来ました。そして今年、一度もボールに触れる事なく、お約束の様に転倒し、会⻑職になりさほど明日の仕事は無い。ただルールとロータリーの絆は忘れる事はない。そんなメンバーに若手が加わり、又参加しない会員もお手伝いをして大会を盛り上げて下さいました。松阪山桜はそんな素敵なクラブです。来年は瑞浪の地で皆さんとお会いできる事を楽しみにしています。

松阪山桜ロータリークラブ
鈴木 康


第1回地区ロータリー財団研修セミナー

2017年7月19日

第1回地区ロータリー財団研修セミナー 写真
第1回地区ロータリー財団研修セミナー 写真
第1回地区ロータリー財団研修セミナー 写真

 7月15日(土)、岐阜グランドホテルで第1回地区ロータリー財団(以下、R財団)研修セミナーを開催いたしました。田山ガバナー、剱田直前ガバナー、木村ガバナーエレクト、岡田地区研修リーダー他多くの特別出席者にご臨席いただく中、地区内76クラブの会長とR財団委員長の出席をいただきました。

 また特別講演として特定非営利活動法人国連UNHCR協会から中村恵様をお招きし「元R財団奨学生と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)」と題したお話をお聞かせいただきました。UNHCRでの活動と、それに従事されたR財団奨学生の素晴らしさを肌で感じることができ、世界で起こっていることが少しは身近に感じられたのではないかと思います。その後は、地区R財団委員会の4つの小委員会から委員会としての活動内容を出席いただいた皆さんにご理解いただくために、委員が作った資料を基に話をさせていただきました。

 お陰様で年々R財団に対するご理解が深まる中、更に一歩進んだセミナーとなりました。どうか今年度もご寄付に対するご理解をいただきながら、R財団資金を有意義に活用して、意味ある事業を各地で展開されますことをお祈り申し上げます。最後にご出席いただきました皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

ロータリー財団部門委員長
辻 正敏(津RC)


関ロータリークラブ創立50周年記念式典

2017年7月1日

関ロータリークラブ創立50周年記念式典 写真

関ロータリークラブ創立50周年記念式典 写真

 関ロータリークラブは、1966年9月27日に発足し、本年度で50周年を迎えました。創立50周年を記念し、5月21日日曜日に関文化会館で、記念式典と櫻井よしこ氏を招いての記念講演、続いて、関観光ホテルで、記念祝賀会を開催致しました。式典には、市長さん国会議員さん・県議会議員さんをはじめ、多数のご来賓の方のご出席を頂きました。ロータリークラブの仲間としては、国際ロータリー第2630地区剱田ガバナーをはじめ、東海北陸道グループの会長・幹事の出席を頂き、当クラブの会員・夫人を含め、総勢83名の参加を頂き、盛大に且つ厳粛に行われました。

 記念講演では、櫻井よしこ氏による「変わるのは今!激動の時代をチャンスに変えよう!」というテーマで講演を頂き、多くの関市民の方に来ていただきました。続いて行われた記念式典では。創立50周年 事業の活動報告を行い、関市が、安桜山東側の整備事業をするのに先駆けて、関ロータリークラブが、関市安桜山西側遊歩道の整備事業にて88メートルの手すりの設置とベンチを設置したことを報告致しました。合わせて、将来、安桜山東側と繋がり関市民が安心して歩けるようにという願いをご報告させて頂きました。続きまして、過去5年間の活動報告と過去5年間の歴代会長に記念品を贈呈致しました。

 場所を移動して、関観光ホテルで、創立50周年の祝賀会を行い、地元の中部学院大学吹奏楽部の演奏に始まり、関が誇る孫六の刀による居合切りのアトラクションが行われ、大いに盛り上がりました。
 今回は関市民を巻き込んで、1年かけてみんなで創り出していく関ロータリークラブ創立50周年記念を行ってまいりました。これからの次なる100周年に向けて、地域社会に貢献できるロータリークラブでありたいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。